ピアノ教室 大田区 久が原・御嶽山

pianistka.exblog.jp

先生の日記

ホームコンサート

b0139861_01584370.jpg
日曜日に、レッスン室にてホームコンサートを行いました。
友人たちの協力も得て、1時間のミニコンサートです。
おかげさまでお客様と楽しいひとときを過ごすことができました。

今回は生徒さんにはお声がけはしていなく、家族や友人のみ招待しましたが、いずれ生徒さんたちを対象としたプログラムを組んでコンサートをしたいと思っています169.png

私が演奏した曲のうちのひとつは、小犬のワルツ。
実に23年ぶりの本番での演奏でした。
子供の頃大好きな曲だったのに、22歳頃に奏法を改善し出した時から指が思うように動かなくなり、私にとって小犬のワルツはとても弾きにくい曲になってしまいました。
ちょこちょこ練習したり、生徒さんのレッスンなどで弾いたりする機会はあったものの、なかなかコンサートに出す勇気がありませんでした。

23年を経て、少〜〜しずつ手に馴染むようになってきた気がします。
これからもさらに練習を重ねれば変化できるはず。
ピアノとは生涯をかけて弾いていくものなのだと改めて実感しました。

今回は練習歴2ヶ月半の新曲も。
23年と比べたらひよっこです153.pngもっともっと弾き込んでいきたいです。

169.png169.png169.png

今日は発表会で生徒さんに渡す記念品を決めました!
あと、他に、かなり前に購入していたのですが先生からのオマケもついてきます114.png
どうぞお楽しみに112.png






[PR]
# by kaori_pf | 2017-05-23 10:53 | コンサート・イベント

アンケートの結果

先月に練習に関してのアンケートを実施しましたが、練習頻度の統計をしてみたら、「基本的に毎日」という方が一番多く、週5日〜毎日を合わせると全体の7割くらいでした。

ピアノは毎日練習するのが当たり前、、ではありますが、忙しい生活の中でコツコツ練習している生徒さん、エライ!必ずその実は結ばれるでしょう112.png

ちょっと届かなかった生徒さんたち、上手くなりたければやはりコツコツ練習していくことをオススメします101.png
毎日どのくらい練習するか、それは生徒さんそれぞれの集中力やペースに合わせて短くても長くてもokなのです165.png
(どんどん上達したければもちろん長い練習が必要です)
短くても長くても、「良い練習」を!
そうすれば必ず進歩はします。

皆さんが忙しい日々を送っているのは重々承知しております。
保護者の方は家事に仕事に習い事の送り迎え、小さい子がいるおうちは子育てもまだまだ手が離れず、毎日目の回る忙しさだと思います。
生徒さん自身も、学校や塾の勉強、他の習い事、友達とも遊びたい、毎日やることはいっぱいでしょう。

でもここでピアノの先生は「それは大変ですね、、それなら練習はしなくていいですよ」と言うわけにはいかないのがつらいところ。
生徒さんにやる気がなければピアノ自体をやめればいい話ですが、そうでなければ、日々の生活の中でどうしたら練習を続けていけるか、一緒に考えてみませんか169.png

練習をできなかった言い訳をつらつらと言われるよりも、「塾の勉強(または部活や定期試験などなど・・)が大変なのですがどうやって練習していったらいいですか?」と言ってもらえたら嬉しいです!

私はとても要領が悪い人間で、学生生活とピアノの両立には苦労してきた記憶しかないので、もしかして魔法のようなやり方があったりするのかしら、、と練習を頑張っている生徒さんたちに日々の過ごし方を聞いてみました。
・・そのことについてはまた次回178.png

[PR]
# by kaori_pf | 2017-05-13 21:58 | レッスン室より

台湾のピアノ練習室

GWはいかがお過ごしでしたでしょうか174.png

私は台湾へ行ってきました。
初めての台湾でしたが、夫の父が長く赴任しているので、台湾グルメに詳しく、美味しいものをいっぱい食べることができました。
胃がいくつあっても足りません106.png

連休明けに大学の先生のレッスンに伺うことになっているので、台湾滞在中は現地の音楽教室で練習169.png

台湾在住の方のブログ情報を参考に、
西門站と台大医院站の中間にある、YAMAHA音楽教室へ。

b0139861_08071285.jpg

飛び入りでしたが、すぐに借りられました。
30分 50元(185円)
1時間 100元(370円)
驚きの安さ。

調律されていなくて、音のバランスもタッチもバラバラで、ポーランドの音楽院のひどいピアノを思い出しました112.png
でもアップライトなので練習には充分です。
前日は、台湾の祝日だったため音楽教室も休みで練習できなかったので、一日ぶりの自分の演奏のあまりのひどさにびっくり&がっくり122.png


次の日も練習しようとYAMAHAに向かったら、たまたま他の音楽教室を発見
二二八和平公園を出てすぐ。
こちらもピアノの状態はイマイチでしたが、大人向けの教室のようで雰囲気も静かで、YAMAHAより集中して練習できました。
b0139861_08150540.jpg

b0139861_08154361.jpg

30分50元
1時間80元(さらに安い!)
アップライトとイスでぴっちりな部屋。
ここでレッスンも行われる様子。

長時間の練習はできなかったけれど、なんとか現状をキープできました165.png

夫には、旅行の間も練習させてもらうからねと宣言し、理解してくれて感謝。
練習中、夫はホテルのプールで泳いでいました。(連日食べ過ぎのため)


今日から生徒さんのレッスンも再開です。
発表会までレッスンの休みはありませんので、海の日の本番まで猪突猛進!
コツコツ練習、頑張りましょう112.png

本日より、発表会のリハーサルと、会費についてのお知らせを配布しております。
ご確認をお願いいたします。

[PR]
# by kaori_pf | 2017-05-08 08:04 | 旅行
b0139861_13050965.jpg

本日より、5月からの年間レッスンカレンダーを配布予定です。
先日お配りしたアンケートに関してのコメントとプリントも、ご回答いただいた方から順番にお渡しします。

プリントは、練習を続けるための心がけについて書いているのですが、まとめるのに一ヶ月近くかかってしまいました。
保護者の方に対して時間的にも気持ち的にもご負担にならないように簡潔に書きたかったのですが、一言で書ける内容ではありませんでした119.png

ひょっとしたら「めんどくさい先生だな」なんて思われるかもしれないと少し不安ではありますが、なんと思われようともピアノをやっていくうえでは大切なことなので皆様にお伝えすることにしました。

お便りの内容は、全ての生徒さんに当てはまるわけではありません。
我が子の練習がなんだかうまくいっていない気がするという方、今後も続けていけるのか心配という方に参考にしていただきたいです。

私自身はピアノを一人で四苦八苦しながら練習してきたので、教室を始めた当初は「保護者の方は練習を温かく見守っていただければ〜」くらいに思っていました。
ですが、今までたくさんの生徒さんに接することで、一人で練習をしている子もいれば、ご家族と一緒に練習する子、親から厳しく練習を教えられてめきめきと上達する子もいたり、反対に親に口出しをされて反抗的になってしまう子もいたり、本当に様々であることがわかりました。

なので、練習のサポートの仕方に、正解はないのですが、ひとつの提案として読んでいただければ嬉しいです。

配布前に、おかしなことを書いていないかまずピアノ講師仲間2人にチェックしてもらいました。
そしてピアノ未経験の夫にも保護者目線で読んでもらいました112.png

「私は『ピアノ練習しなさい』も『勉強しなさい』も親から言われたことないよ115.png」と話していたら、
「じゃあ、『結婚しなさい』は?」と夫。
!!!」
それは長年に渡りうんざりするほど父から言われていたのでした103.png

でも結婚ばかりは、結婚したいと思う相手に出会わなければその気にならないものです105.png
若い頃はピアノに一心不乱で、結婚のけの字も頭にありませんでした
そして「〜しなさい」と言われるほどしたくなくなるのが人間ですね105.png

生徒さんにも、練習しなさい!と一方的に押し付けてはいけません112.png

結婚前は、夫から「ピアノの先生はいいなー。毎日午前休で。」と言われていましたが、レッスン時間以外もなにかと鍵盤やパソコンをカタカタしている私を知って考えが変わった様子。
家事にも協力的です165.png
練習も家事も進んでやってくれると嬉しいものですね。

話が逸れてしまいましたが・・・
お時間のあるときに練習の心がけについてぜひお読みください。
よろしくお願いいたします178.png


[PR]
# by kaori_pf | 2017-04-19 03:03 | レッスン室より

留学していたポーランドは、日本と同じように四季を持っています。
でも、冬が長くて、春と夏と秋はあっという間。
留学1年目の冬は、何十年に一度の大寒波となり、マイナス25度の日々が続きました。
(これはこれでなかなか経験できないことなので楽しみました)
そんな冷たくて暗い日々から、徐々に日が延びていき、気温も上がり、新緑の美しい暖かな春に変わっていく様子は、日本にいるよりも肌で感じることができ、四季があることの幸せを私ははじめて知りました。
木々の緑や道端に咲くパンジー(ポーランドの国花です)、こんなにキレイだったっけ、、と春へのささやかな変化ひとつひとつをありがたく感じていました。

ショパンもこの変化を感じていたんだなぁと110.png

桜には興味ない〜と言っていた生徒さん♪
きっと大人になったら一年に一度しか見られない桜の美しさがわかるでしょう179.png

というわけで、ご近所の春も楽しんでいます。
前回より1週間後の桜坂。桜橋の上より。

b0139861_11553397.jpg



東光院の脇を流れる川
b0139861_11564879.jpg

b0139861_11571268.jpg

レッスン室のお花も咲き乱れています
b0139861_11575932.jpg

b0139861_12072396.jpg


ピアノも、色彩や音の移ろいを感じとって弾きたいものです。

最後に、ふなっしーのツイッターより素敵な写真を113.png
b0139861_18411316.jpg


[PR]
# by kaori_pf | 2017-04-15 11:25 | 日常
b0139861_10474230.jpg
我が家から近い桜の名所、桜坂です179.png
昨日レッスン前に寄ってみたら、ようやく見頃になっていました。
桜坂をくだったところに東光院がありますが、桜の散る頃はその横を流れる川に花びらがたくさん浮かぶのがとても綺麗です。



b0139861_11012163.jpg
レッスン室の桜の木もだいぶ花開きました。
もっとぶあ〜〜っと咲いてほしかった気もするのですが、なかなか指使いゲームをする時間がとれず。。
桜が散るまで続けようと思います179.png




b0139861_11064929.jpg
こちらは教室の入り口のお花スペース。
母がせっせと植えていたチューリップも見頃です178.png


5月からのレッスンカレンダーを近々配布予定ですが、ここで先にお知らせしておきます。
GW中のレッスンは、合間の1日(月)と2日(火)も含めて全てお休みとさせていただきます。
(ワンレッスン制のレッスンはご相談に応じます)
8日から新しい時間割でのレッスンスタートとなります。
アンケートのご提出をよろしくお願いいたします。

[PR]
# by kaori_pf | 2017-04-07 10:43 | レッスン室より

目標達成

5月までに仕上げたい曲があって、3月中に絶対暗譜で弾けるようにする!と決めました。
若い生徒さんたちは暗譜で悩むことはあまりないでしょうが、まもなく35歳の先生はとても苦労します。
独身の頃と違い、充分な練習時間を毎日とれるとも限らないので、少ーしずつちまちまと、でも確実に練習しました。

忙しいときの練習方法。
曲の全体像をとらえたあと、曲の小節を数え、目標の日までの日数で割って、1日にこなす小節数の目安を決めます。
音楽のフレーズは8小節単位でできていることが多いので、8小節、16小節ずつくらいでやっていければいいですが、
「あと15分で生徒さんが来る!」「音出しできる時間まであと10分しかない!」なんて事態も起こるので、そんなときは2小節でも4小節でも確実にできるようにします。
できなかった分は時間のある日に回します。

そんなこんなで数週間かけて昨日最後の小節までたどり着きました101.png
音楽的にはまだまだ薄っぺらく、暗譜も人前で弾いたら飛んでしまうレベルなので、もっと掘り下げて練習していきたいです。

来月には先生にレッスンもお願いしたいところ。
レッスンがあると毎日の練習もいっそう気を引き締めてできるものですが、ゆるみっぱなしの生徒さんがいるのはなぜでしょう119.png

レッスン直前になってあわてて練習しても時すでに遅し。
少しずつでいいから確実に!
小さなことでもいいので「今日は必ず、〜をできるようにする」と目標を決めることが大切です!
それができるようになるまで弾くのが練習です!
と、最近何回言ったことやら。

生徒さんたちの練習の成果も楽しみにしています114.png








[PR]
# by kaori_pf | 2017-03-31 10:23 | レッスン室より

新学年を迎えるにあたり

本日よりアンケートを2つ配布します。
ひとつは、毎年春に行っている時間割の再編成のためのものです。
もうひとつは、レッスン内容や自宅での練習の状況に関してのアンケートです。

2つ目のものは、当初は受験学年の生徒さんのみを対象にしようと思っていましたが、全員の方にお配りすることにしました。

ピアノを続けていくうえでは、生徒さんの意欲や努力が一番に大切ですが、保護者の方のご協力も欠かせません。
レッスンに付き添ってくださっている方とは普段からお話ができますが、そうでない方とも連携をとりたく、一緒にレッスンを見つめ直していただければと思っています。
回答をいただいてから、アンケートやこの一年のレッスンを通して感じたことなどをコメントしてお渡しする予定です。

また、受験をする生徒さんの場合、ご両親のピアノに対する方針や生徒さんの練習への取り組みが家庭によって様々なので、
それぞれの生徒さんに対してどのようにレッスンをしていけばいいかしっかり把握したいと思っています。

「勉強の忙しさを言い訳にせずピアノも一生懸命頑張ること。」
「少ない時間でも毎日必ず練習すること。」
「とにかく勉強が第一なのでピアノはほどほどに。」
いろいろな方針をお聞きしています。

塾に行き出した時点で、生徒さんの様子を見て宿題の量は調整しているのですが、
話をよく伺ってみると、実はピアノにまだ余力があったり、逆に少なめの課題もやりきれない精神状態だったり、
レッスンで生徒さんとお話ししているだけではわかりづらいこともあるので、保護者の方からも自宅での状況を教えていただければと思います。

小学校の6年間は、ピアノ教育に非常に大切な時期ですが、
生徒さんのほとんどが中学受験をするこの地域の場合、多くの子が小学校4年生あたりからピアノの練習が充分にできなくなります。
そんな場所でピアノ教室をする意義はあるのだろうかと真剣に悩むこともあります。
でも、受験も意に介さず頑張っている子を見ていて思うのは、「ピアノが好き!」という気持ちがあれば、どのような状況でもピアノと一緒に乗り越えていけるということです。

ピアノが好き。結局そこだよね。と講師仲間とよく話します。

ピアノが好きになるきっかけは、私たちからも、ご家族の方からもたくさん与えることができます。
そこでどう感じるかは生徒さん次第ですが。。

そのあたりについても来月お便りに書きますのでお読みいただければ嬉しいです。

[PR]
# by kaori_pf | 2017-03-24 09:43 | レッスン室より

ご理解を。

昨年12月に、教室を開いてから初めて腹痛でレッスンを直前にキャンセルしてしまいました。

腹痛とは中学生のときから毎朝付き合ってきたのですが、歳を重ねていくうちに、朝だけでなく所構わず痛くなり、なかなか治らないことも多くなり、ついにレッスンにまで影響を及ぼしてしまいました。
これはさすがにおかしいのでは008.gifと思い、大腸内視鏡検査を先月受けてきました。

検査前の下剤がつらいと噂で聞いていましたが、ピアノの本番前に腹痛を抱えて緊張で吐きそうになりながらトイレを何度も行ったり来たりするほうがはるかにつらいと思いました。
ピアノをやっててよかった!?

検査では、組織を生検に出すことになり、その他にもあやしいところがあったのでCT検査も受けることになってしまいました。

2つの結果が出るまでの2週間、モヤモヤする日々でしたが、レッスンをしたり、ピアノを無心に練習したりしていると忘れ去ることができ、またここでもピアノに救われました。
ピアノをやっててよかった!

最終的な結果は、命に関わるような異常はなく、本当に安心しました。

他の持病との関係もあって腹痛とはこれからも付き合っていくため、レッスンにはまた支障が出てしまうかもしれないので、一応ここでも説明をさせていただいた次第です。
でも処方してもらった漢方で良くなっている気がするので大丈夫だとは思うのですが。

本当に、健康第一です。
ピアノが弾けて
美味しいものを食べられたら幸せ幸せ068.gif

結果がわかった夜に食べたラーメンは格別の美味しさでした001.gif

[PR]
# by kaori_pf | 2017-03-18 09:59 | 日常

発表会の選曲

今年の確定申告も終わりホッと一息063.gif

7月に発表会を控えていますので、最近は生徒さんの曲についてアレコレ考えています。

1年〜1年半に一度しかない大切なイベントで弾く曲なので、適当に決めるわけにはいきません。
私自身、子供の頃の発表会で弾いた曲には今でも特別な思い入れがあります012.gif

選曲次第で発表会後のモチベーションもあがるかもしれないし、逆に下がってしまうかもしれないし、慎重に選びたいところです。

生徒さんに弾きたい曲があって、それがその子のレベルや練習量に合っていた場合は弾かせることにしています。
その子にとってまだ早ければ、次回以降の目標に!

基本的には、クラシックソロの曲は、私が生徒さんのレベルや練習量に合わせてその子の為になるものをいくつかピックアップしてその中から選んでもらっています。

こだわりがある生徒さんにはあらかじめ好みを聞きます。

元気な曲がいい
静かでキレイな曲がいい
暗い曲はちょっと。。
有名な曲がいい
有名な曲よりみんなが知らない曲がいい

生徒さんによってさまざま!

なかには、「簡単な曲がいい」なんていう根性なしの子も。。
それは許しませんぞ〜015.gif

選曲は楽しいですがなかなか大変な作業でもあります。

自分が弾いたことのある曲や易しい曲であればその場で弾いてしまいますが、そうでなければもちろん私も練習が必要です。
100曲以上は検討したり練習したりするので1日24時間じゃ全然足りません042.gif
世の中に存在するピアノ曲を全て知っているわけではないので、どうしてもアイディアが浮かばない場合は講師仲間に相談して助けてもらうことも。


紹介した曲すべてに、目をキラキラさせて「全部いいなぁ!迷っちゃう〜」と言ってくれるとこちらの心も踊ります060.gif

反対に、生徒さんにはイマイチ響かず、全て却下される場合も。。
私の練習不足で曲の魅力を伝えきれなかった場合もあると思うのですが、生徒さんも、自分のイメージとちょっと違っても前向きに興味を持ってくれたら嬉しいです。

練習をものすごくたくさんしていて、どんな曲でもどんとこい!という状態であれば、何でも挑戦することができます。
でもそうでなければ自分ができる範囲で物事を決めなくてはいけないこともあります。

私も生徒さんも納得して意欲的に練習できる曲が見つかるまで曲探しの旅は続きます。
その子にとって、ご家族にとって、記念の1曲となる曲をじっくり決めていきたいと思います。

[PR]
# by kaori_pf | 2017-03-13 10:31 | レッスン室より

先生の日記


by kaori_pf